完全保存版!ENEOSカード3種類のお得な選び方徹底研究

エネオス
スポンサーリンク
336×280

ENEOSカード3種類の特徴整理

 C
(キャッシュバック)
S
(スタンダード)
P
(ポイント)
カードENEOSカード CENEOSカードSENEOSカードP
年会費1,350円
(初年度無料)
1,350円(*1)
→実質無料
(初年度無料)
1,350円
(初年度無料)
<< ガソリン割引 >>
ガソリン
・軽油
1〜7円割引2円割引なし
灯油1円割引
<< ポイント制度 >>
ENEOS(ガソリン・軽油・灯油)利用なしなし1,000円利用ごとに
30ポイント
ENEOS(ガソリン・軽油・灯油以外)利用1,000円利用ごとに
20ポイント
加盟店利用1,000円利用ごとに
6ポイント
申込み申込申込申込

 (*1)年1回のカード利用(QUICPay・ETC含む)で次年度年会費無料

上記の表をもっと簡単に書くと次のようになります。

 C
(キャッシュバック)
S
(スタンダード)
P
(ポイント)
カードENEOSカード CENEOSカードSENEOSカードP
年会費××
ガソリン現金割引×
ポイント還元(ガソリン)××
ポイント還元(ガソリン以外)×
申込み申込申込申込

ENEOSカード3種類の比較

C(キャッシュバック)とS(スタンダート)の比較

カード利用月額から検証

カード月額利用額から、検討すると下記の通り毎月20,000円以上のカード利用をしない限り、S(スタンダード)がお得ということになります。(10,000円〜19,999円の利用額において、割引額が同じですが、Sは加盟店利用でポイントが発生するため、Sを有利とさせていただきました。)

カード月額利用額C
(キャッシュバック)
S
(スタンダード)
有利
70,000円以上7円/L割引2円/L割引C有利
50,000円〜69,999円5円/L割引
20,000円〜49,999円4円/L割引
10,000円〜19,999円2円/L割引S有利
10,000円未満1円/L割引

年会費を加味した検証

C(キャッシュバック)が有利になった人(毎月20,000円以上カード利用する人)向けの検証です。Cは、毎年1,350円の年会費が発生します。その費用の捻出に必要な給油量は以下の通りです。月平均給油量に達しない場合は、S(スタンダード)が有利となります。

C
(キャッシュバック)
S
(スタンダード)
1,350円分
の給油量
月平均給油量
7円/L割引2円/L割引5円/L270L22.5L
5円/L割引3円/L450L37.5L
4円/L割引2円/L675L56.25L

CとSの有利な早見表(結論)

C(キャッシュバック)が有利になるためには、最低でも月に22.5L以上の給油が必要です。また、カード利用額も多くないと難しい状況です。

カード月額利用額月給油量
22.5L未満
月給油量
37.5L未満
月給油量
56.25L未満
月給油量
56.25L以上
70,000円以上Sが有利Cが有利
50,000円〜69,999円Sが有利Cが有利
20,000円〜49,999円Sが有利Cが有利
10,000円〜19,999円Sが有利
10,000円未満Sが有利

申込

P(ポイント)とS(スタンダート)の比較

年会費の検証 

P(ポイント)は、年会費1,350円が発生します。その年会費に相当するポイントは、1,350ポイントです。つまり1,000円の利用で30ポイント付与されるので、年間45,000円(月平均3,750円)の給油を行わないとS(スタンダード)が有利となります。

2円/L割引と1,000円で30ポイントを加味した比較

ガソリン給油単価を150円/Lとします。上記の通り年会費分に相当する月額3,750円の給油は25L(=3,750円÷150円/L)になります。しかしながら、S(スタンダード)だと2円/L割引があるため50円(=25Lx2円)割引が発生します。P(ポイント)の1,000円で30ポイント付与とは、4.5円/L割引(=30円(ポイント)÷(1,000円÷150円/L))に相当します。50円の差は、20L(=50÷(4.5-2))に相当します。つまり月間45L(=20L+25L)以上の給油でPが有利になることを意味しています。ガソリン単価別にまとめた表が以下の通りです。

ガソリン単価3,750円分
の給油量
C利用時の
2円/L割引額
Pが有利になる
給油量
110円34.1L68.2円86.6L以上
120円31.3L62.5円70.4L以上
130円28.8L57.7円59.3L以上
140円26.8L53.6円51.2L以上
150円25L50円45L以上
160円23.4L46.9円40.2L以上
170円22.1L44.1円36.3L以上
180円20.8L41.7円33.1L以上

申込

P(ポイント)とC(キャッシュバック)の比較

月間給油量が多く、カード利用料の多い方は、PとCの比較が気になると思いますので、最後の比較を行います。「1,000円で30ポイント還元」を「ガソリン割引」の相当額に置き換えることで比較が可能です。

ガソリン単価1,000円で30ポイントをガソリン割引に置換え4円割引
(20,000円〜)
5円割引
(50,000円〜)
7円割引
(70,000円〜)
110円3.3円/L割引Cが有利
120円3.6円/L割引Cが有利
130円3.9円/L割引Cが有利
140円4.2円/L割引Pが有利Cが有利
150円4.5円/L割引Pが有利Cが有利
160円4.8円/L割引Pが有利Cが有利
170円5.1円/L割引Pが有利Cが有利
180円5.4円/L割引Pが有利Cが有利

ガソリン単価が上昇すると、Pが有利になってきます。最近原油の値段が下がっていますので、当面はC(キャッシュバック)が有利になるように思います。

最後に

通常のカード利用を考えると、S(スタンダード)の選択がいいように思います。それぞれライフスタイルに応じた比較をしてみてください。

申込

スポンサーリンク
336×280
336×280

最新の情報を取得